顔のたるみが気になりだしたら美容クリニックで治療しよう

レディ

たるみの種類

カウンセリング

たるみにも種類がある

年を重ねてくると顔がたるんできますが、顔のたるみにもいくつかの種類があります。顔のたるみは美容クリニックでの美容整形などを利用して取り除くことが可能ですが、たるみの種類によって最適な治療方法が異なってきます。美容整形を行う前に自分の顔のたるみの種類や原因について確認しておくことが大切です。

皮膚のたるみ

肌のハリを保つためには、肌のハリをサポートしてくれる成分が必要です。肌のハリをサポートしてくれる成分の代表的なものとしては、コラーゲンやエラスチンなどが挙げられます。ただし、コラーゲンやエラスチンは加齢とともに作られる数が減り、どんどん減少していってしまいます。コラーゲンやエラスチンが減少し続け充分な量が確保できなくなると、肌の奥深くにある真皮層と呼ばれる部分が収縮してしまいます。これによりシワや毛穴の開きが起こってしまい、皮膚がたるんでしまうわけです。

脂肪の繊維のたるみ

顔には無数の繊維が存在します。これらは顔の脂肪を支える役割を担っているわけですが、年をとるとこの繊維が弱くなってしまいます。繊維が弱くなることで脂肪の重みに負け、脂肪を支えることができなくなってしまいます。そうなると、今まで繊維に支えられていた顔の脂肪が一気に垂れ下がってしまいます。その際にシワやたるみが発生するのです。

脂肪のネットのたるみ

顔の脂肪を支えているのは先ほど紹介した繊維だけではありません。脂肪層には脂肪を支えるためのネットが存在します。このネットが顔の脂肪を支え、ハリのある若々しい肌を作り出しているわけです。しかし、繊維同様このネットも年を重ねるごとに劣化していきます。ネットが劣化すると、繊維が劣化したときと同様に脂肪の重みに耐えられなくなり、結果的にシワやたるみが出てきてしまいます。

むくみで起こるたるみ

水分を過剰に摂取したりするとむくみが起こりますが、むくみもたるみの原因になることがあります。顔はむくんでしまいやすい部位ですが、それには水分のたまりやすさが関係しています。顔の組織の間は水分がたまりやすくなっています。これらの組織に水分がたまることにより顔の脂肪がどんどん膨張していってしまいます。顔の脂肪が膨張し、重さが増すと、たるみが発生してしまうでしょう。